Swan Lake

競技用のレオタードを選ぶ際のポイントについて

新体操の大会などに用いる競技用のレオタードは体の動きを阻害しないように伸縮性に富んでいる材質の物を選ぶことが大切です。
また、競技中の発汗によって生地に汗のシミができると見栄えが悪くなってしまうので、速やかに汗が蒸発する速乾性も必要になります。
大会では自分自身を華やかに見せることが重要なポイントなので、着用するレオタードのデザインや配色にも気を配るように心がけます。
その一方で、大会の内容によっては特定のデザインや配色が禁止されていることもあるので事前に詳細を確認しておきます。
競技用のレオタードはオーダーメイドにすることで演技の内容に適したデザインにすることが可能ですが、費用が嵩むことがあるので十分な額の予算を用意しておくことも注意点の一つです。
サイズについても過不足があると食い込みや弛みによるシワが生じて印象が悪くなってしまうことがあります。
そのため、自分の体形に合致したサイズにすることが好成績を出すための心得になります。

競技用のレオタードについて

レオタードを着用する競技は、体操・新体操、エアロビクス、フィギュアスケートなどがあります。
これらの競技の練習用のレオタードは、無地でデザインも無難なものが多いのですが、競技用はまったく違ってきます。
競技用レオタードでは、競技者を引き立たせることが求められるため、明るい色や蛍光色などの派手な色の生地やラメ生地、あるいはプリントされた生地が使用されます。
また、強度に問題がない部分には、シフォンなどの透け感のある素材を使用したりします。
デザインも、襟ぐりや袖ぐりを左右不対称(アシンメトリー)にしたり、レースやリボンなどで装飾したり、スパンコールやストーンで装飾したりします。
競技に影響が出ない範囲で、フリルをつける場合もあります。
競技用のものはオーダーメイドで作られる場合が多く、競技しやすいフィット感を得ることができます。
また、セミオーダーとしてデザインは既成のものを使用して、サイズのみオーダー可能なものもあり、この場合はとてもリーズナブルになっています。

check

最終更新日:2017/4/28

Menu

『レオタード 競技用』
最新ツイート

あきすみ
(@seifuku_lover)

@EvErbluE_brEEzE 見るのには競技用のレオタードは綺麗ですが、着心地と価格も無地の方が好きです! どのレオタードにゼッケンを付けようか検討中です(笑)

6日前 - 2018年07月13日