Swan Lake

レオタードの着用と保管に関する心得

新体操などの競技の際に着用するレオタードは素肌に密着する作りになっていることから、体形に合致するサイズの物を選ぶことが大切です。
生地が薄いので配色によっては肌が透けて見えてしまうことがあることから、着用する時は専用の下着を用いるのが一般的です。
また、体が動かしやすく生地に染みた汗もすぐに蒸発するのもレオタードの特徴なので、日頃の取り扱いには品質を保持するように気を配ります。
生地に染み込んだ汗が蒸発しても汚れは付着したままなので、悪臭や生地の劣化などを防ぐためにこまめに洗濯を行う必要があります。
レオタードの生地に使用されている化学繊維は摩擦や熱に弱いので、家庭用の洗濯機を使用する場合は気をつけます。
他の衣類と一緒に洗うと色落ちや生地のよじれなどが生じることがある他、乾燥機の使用は生地を傷めてしまうので避けます。
着用しないときは形を整えて保管しますが、生地の虫食いを防ぐために専用の防虫剤を使用して日光に当たらないように暗所を選びます。
化学繊維は空気に触れると次第に劣化するので近年では真空パックに詰めて保管する方法も広く普及しています。
生地の性質を把握して適切な方法で扱うことが愛用の一品を長持ちさせるための心得です。

レオタードってどんなもの?

レオタードという言葉、みなさんは聞いたことがあるでしょうか。
聞いたことがあっても何に使うのかなと思っている方もいるのではないでしょうか。
実はバレエや体操競技などで使われるものなんです。
体操競技で選手が着ているあの服、見覚えがありませんか?たまにCM等で目にするバレエダンサーが着ている服、見覚えがありませんか?あれこそがレオタードです。
バレエでは基本的に練習着として利用されており、コンクールや公演などで使用されることはほとんどありません。
全体にフィットする仕様になっているため、練習の際使用することで、体のラインがよく見えて鏡を見ながら踊るときの姿勢を正したり、自分の踊りを正確に確認することができます。
体操競技では、本番でも使用されています。
実はバレエや体操競技以外にも陸上競技やフィギュアスケート、場合によってはバレーボールなどいろいろな競技で採用され、新体操などの競技ではチームで柄を統一したりすることもあるようです。
長袖のものや半袖のもの、ノースリーブのもの、またスカートが付いていたりスパッツが付いているものも多数あり、そのほかにもスパッツやスカートなどを別で組み合わせることもあります。

recommend

看護セミナー

福岡 焼肉

カラコン 乱視

最終更新日:2018/6/6

Menu

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

" . $result->user->name . "
(@" . $result->user->screen_name . ")\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>